品質の良いマンション大規模修繕工事を安く行うためには?

SITEMAP
マンション改修

賃貸経営を行う上で必要なマンション工事とは

賃貸を長年経営しているオーナーが必ず直面するのは、建物の老朽化に伴う大規模な修繕工事です。12年に1回の割合で大規模修繕工事を行うことを前提に、毎月の家賃収入の2割程度を積み立てるのが理想の経営戦略です。しかし工事費用が十分に準備できないときには、マネープランの相談も含めて専門業者へ依頼することも可能です。そして専門業者の提示した見積もりに合わせて、自己資金で足りない分を融資で賄うことで、大規模なマンションの修繕工事も円滑に進められます。しかし修繕費用が十分に確保できていないマンションの中には、建物の劣化が著しく進んでいるケースもよくあります。工事に着手する前に建物全体を点検すると、コンクリートのひび割れや屋上の水漏れなども、的確に把握することができます。老朽化が進んだマンションで修繕工事を行うときには、ハイグレードなプランを選び、万全の態勢で作業に着手するのが理想的です。確かにハイグレードなプランを選ぶと費用が膨大になりますが、一方で建物の劣化を抑止する効果も期待できます。建物の耐用年数を最大限に延ばしてマンション経営を行うためには、工事を行うときに細部まで徹底的に修繕する姿勢が求められます。

お知らせ

マンション工事はプロの目で診断する

マンション修繕工事は、劣化した部分を修繕していくことで、安心や安全、そして快適な暮らしを提供できるマンションに生まれ変わり、資産価値をあげることができます。マンション修繕工事は、定期的に必要な工事を行うことで、建物が長持ちしま…

MORE

マンション工事における最近の動向

一定規模以上のマンションでは、新築販売の時点で、マンション修繕工事の概ね計画があります。この計画などに基づいて、管理費などが設定されてあります。マンション修繕工事は、大規模かつ専門的な対応が必要になることが多いため、一般の建築…

MORE

マンション工事を怠るとどうなるか

マンションは鉄筋のしっかりしたつくりで風雨や振動や紫外線などから守ってくれるしっかりした建物ですが、年月が経過すれば徐々に問題が起きてきます。それを防ぐために一定の期間が経過したら、大規模な修繕工事が行われるのが一般的です。しかし費用…

MORE

賃貸経営を行う上で必要なマンション工事とは

賃貸を長年経営しているオーナーが必ず直面するのは、建物の老朽化に伴う大規模な修繕工事です。12年に1回の割合で大規模修繕工事を行うことを前提に、毎月の家賃収入の2割程度を積み立てるのが理想の経営戦略です。しかし工事費用が十分に準備でき…

MORE