品質の良いマンション大規模修繕工事を安く行うためには?

SITEMAP
マンション改修

マンション工事を怠るとどうなるか

マンションは鉄筋のしっかりしたつくりで風雨や振動や紫外線などから守ってくれるしっかりした建物ですが、年月が経過すれば徐々に問題が起きてきます。それを防ぐために一定の期間が経過したら、大規模な修繕工事が行われるのが一般的です。しかし費用がかかるので、劣化がわかっていながらそのまま放置してあるマンションもあります。もしそのまま放置してしまうとどういった問題点が出てくるのでしょうか。まずコンクリートにヒビが入るとそこから雨水が侵入します。鉄筋はきちんとコンクリートで保護されていれば強度が強いですが、雨水がしみ込んでくると鉄が錆びて腐食してしまいます。こうなると地震や台風のような災害時に耐える事ができなくなり、危険度が増すので住民の安全が脅かされてしまいます。また劣化がさらにひどくなると、外壁のタイルやコンクリートが剥がれ落ちてしまいます。高層マンションの高い階の外壁がもし剥がれ落ちて落下したら大事故につながる恐れがあります。安全な生活をおくるためにも修繕工事は重要です。修繕工事を行う場合は、様々なマンションを手がけている専門業者へ依頼するのがいい方法です。修復工事は技術力の違いが出るので、過去に手がけた案件を参考に業者を選ぶのも1つの方法です。

お知らせ

マンション工事はプロの目で診断する

マンション修繕工事は、劣化した部分を修繕していくことで、安心や安全、そして快適な暮らしを提供できるマンションに生まれ変わり、資産価値をあげることができます。マンション修繕工事は、定期的に必要な工事を行うことで、建物が長持ちしま…

MORE

マンション工事における最近の動向

一定規模以上のマンションでは、新築販売の時点で、マンション修繕工事の概ね計画があります。この計画などに基づいて、管理費などが設定されてあります。マンション修繕工事は、大規模かつ専門的な対応が必要になることが多いため、一般の建築…

MORE

マンション工事を怠るとどうなるか

マンションは鉄筋のしっかりしたつくりで風雨や振動や紫外線などから守ってくれるしっかりした建物ですが、年月が経過すれば徐々に問題が起きてきます。それを防ぐために一定の期間が経過したら、大規模な修繕工事が行われるのが一般的です。しかし費用…

MORE

賃貸経営を行う上で必要なマンション工事とは

賃貸を長年経営しているオーナーが必ず直面するのは、建物の老朽化に伴う大規模な修繕工事です。12年に1回の割合で大規模修繕工事を行うことを前提に、毎月の家賃収入の2割程度を積み立てるのが理想の経営戦略です。しかし工事費用が十分に準備でき…

MORE